不動産投資なら成長性の高い地域や賃貸需要の高い地域を選ぶ!

積み木の家

滞納者が出ることを想定

マンション模型とお金

マンションやアパートといった投資物件を管理していると、まれに家賃滞納する入居者が出てきてしまいます。理由は人それぞれです。収入源がなくなってしまったことによって支払いが困難になってしまったり、労働意欲が全くなくなったりして、支払いが困難になってしいます。事情によってはやむを得ないと感じてしまいますが、賃貸契約を結んでいる以上は、家賃を支払ってもらわなければこちらの収益に影響が出てしまいます。家賃の支払いトラブルを回避するためには、家賃保証業者を利用するのがおすすめです。家賃保証の業者を利用すれば、滞納者が出てきてしまっても、保証業者がちゃんと家賃金額分を入金してくれます。しかも、一向に支払う様子が見られない場合は、代わりに督促状を送ってくれます。収益の影響を最小限にするだけでなく、督促に関する作業も代わりに行なってくれるので、オーナーの負担が軽減されるのは間違いありません。

家賃保証業者を利用するメリットとしては、単純に滞納者への対応を代わりに行なってくれるだけではありません。業者を利用することによって、新しい入居者にもメリットがもたらされます。入居予定者の中には、事情によって連帯保証人の名前が書けないという人もいます。そんな人でも、家賃保証業者の力にかかれば、問題なく管理物件を利用できるようになるのです。投資物件を不動産サイトで紹介する場合でも、連帯保証人不要という文言が使えるようになるので、たくさんの入居希望者が集めやすくなります。